- BLOGブログ

自分で浮気調査をする際に必要なこと・気をつけること

夫や妻の浮気を疑ったとき、人はまず何をするでしょうか。

相手に浮気を問い詰めても、ほとんどの場合、はぐらかされてしまうでしょう。そればかりか、あなたが浮気を疑っていることを教えてしまい、同時に相手はより慎重に行動するでしょう。浮気は密かに進行し、分からなくなってしまいます。ここに浮気調査の難しさがあります。一切相手に知られず調査を進めない限り、真実は分からないのです。

ここでは、相手に知られることなく自力で浮気調査をする方法を徹底解説します。

浮気調査は、調査後の夫婦関係をどうしたいかによる

浮気調査の目的は、端的に言えば人それぞれです。大切なことは、調査をする前に、調査後の夫婦関係をどうしたいかを考えておくことです。事実を知りたいだけなのか、やり直したいのか、離婚したいのか、それによって調査対象や方法が変わってきます。大まかに分けて、浮気調査の目的は次の3つに集約されます。

不貞の事実を知りたい

夫や妻が本当に浮気しているのかどうかを知りたい、とにかく怒りで頭が真っ白で事実だけを知りたい、その後は調査後に決めたい、という場合です。浮気は事実だったという調査結果が出た場合は、ショックかもしれません。しかし、シロかクロかはっきりしない、疑心暗鬼という精神状態は決していいことではありません。

真実を突きつけて話し合いたい

常日頃から、浮気を疑わせるような怪しい行動が多く、問い詰めても一切浮気を認めない、逆ギレする等の場合、浮気調査をして真実を突き止め、話し合いに持ち込む場合です。この場合は調査結果がシロであっても、夫婦のあり方をよく話し合う必要があります。

離婚を有利に進める材料としたい

夫婦が離婚調停中である、あるいは離婚裁判が進んでおり、それらを有利に進めるために浮気の事実がほしいという場合です。浮気が確定すれば、慰謝料を請求できます。そして財産分与を有利に進めることができます。ちなみに親権と浮気の事実は、全く別のことがらです。親権は子どもの成長と心身の安定を第一に考慮されるため、仮に妻に浮気した事実があっても、妻が親権を取る場合が多くなります。「浮気をしていたのは妻だから、親権は俺が取れる」ということは全くないのです。

自力でもできる浮気調査

浮気調査をするのは、一般的に「興信所」や「探偵事務所」と言われているところですが、普通の人が通常の生活をしている限り、ほとんど関係ないところです。実態がつかみにくいうえ、料金にも不安があります。頼みにくいというのが正直なところでしょう。そこで、まずは自力でできる調査について解説します。

携帯電話・スマホをチェック

浮気調査における最初の入り口は、ここです。スマホが浮気の必須アイテムであることは今さら言うまでもないことです。浮気相手とのメールやLINEでのやりとりなど、決定的な証拠が残っている可能性が高いです。もし、浮気相手とのやりとりを発見した場合は、写真に撮るなど証拠として保存しておきましょう。しかし実際は、これらにはロックがかかっており、夫や妻のスマホの中身を見ることは困難です。そこで、肌身離さずスマホを持っている、絶えずスマホを気にしている、などの行動があり、その頻度や密度が高くなれば、浮気している可能性が高いと見るべきでしょう。

レシートやクレジットカード支払い明細、会員カード等をチェック

浮気相手と行った食事、デートの行き先、ホテル宿泊、買い物等が分かるかもしれません。ただし、プレゼントはご主人や奥様へのサプライズの可能性もあるので、焦って問い詰めないようにしましょう。なおラブホテルのカードがあれば決定的です。

パソコンのSNS履歴、ネット閲覧履歴

ネットの閲覧履歴やブックマークなどを確認してみると、出会い系サイトやあなたの知らない交友関係、またデート先を調べていたかどうかが分かる可能性があります。

車内のシート下、ごみ箱、ダッシュボード、ナビの走行履歴

ラブホテルのレシート、避妊具、イヤリング、長い髪の毛などを探してみましょう。場合によっては陰毛があるかもしれません。カーナビの走行履歴などで家族では行ったことがない場所の履歴が残っている場合もあり、浮気相手とのデートで行った可能性があります。

パソコン、USBメモリをチェック(夫の浮気)

男性は視覚で興奮する生き物です。浮気していれば、浮気相手との性行為を写真や動画に撮って、あとで見て楽しむという男性も中にはいます。そこで、夫専用のパソコンがあれば、写真や動画を検索してみましょう。写真は「jpg」、動画は「avi、mpg、mp4、wmv、mov」などの拡張子で保存されますから、これでパソコンを検索すると見つかるかもしれません。また、夫がUSBメモリや外付けHDD(ハードディスク)を隠し持っていたら、これはとても怪しいアイテムです。パソコンから切り離すことにより、検索されても見つからないからです。ちなみに、浮気の上級者は、写真や動画をクラウドコンピューターに保存します。こうなるとパスワードを知らない限り、他者はアクセスできません。かなり手ごわいですね。

タンスの中身をチェック(妻の浮気)

女性は浮気をすると、相手の気を惹こうとして服や下着が派手になる傾向があります。妻のいないときにタンスや衣装ケースをチェックしてみましょう。派手な下着や大胆な下着があり、しかもそれらをつけた姿をあなたが見ていなければ、怪しいです。

自力調査に伴う難しさ

しかし、実際の浮気調査には様々な困難があることも事実です。これらも事前に知っておきましょう。

行動の難しさ

夫婦間で浮気証拠をつかもうとして、まず難しいのは行動における難しさです。例えば携帯電話やスマホの中身を見ようとしても、おそらくロックがかかっているでしょう。パソコンも同様です。中を見ようとして相手に聞けば怪しまれてしまい、相手をより慎重にさせてしまいます。張り込みも同様で、昼間なら、炎天下もあれば寒空の下もあります。雨も降るでしょう。その中、延々と待ち続けるには根気と忍耐力が求められます。また夜なら、暗がりの中で目を凝らし、ひたすらターゲットが来るのを待たねばなりません。素人には、なかなかできることではありませんね。

調査機材の違い

次に、機材の違いです。プロが使用する一眼レフカメラは、暗闇でも昼間のような鮮明な写真を撮ることができます。当然高額で、レンズ込みで30万円から100万円します。これを購入し、しかも使いこなすのは非常に困難です。通常のコンパクトデジカメでそんな写真は全く不可能で、もしも不用意に撮影しようとすればフラッシュが発光し、バレてしまいますね。

心理的難しさ

最も懸念されるのがこれで、自力調査をしてショッキングな結果を見ても、表面はまったく平成を装っていなければなりません。つまり、浮気現場を目の当たりにしても、その場では声を出したり駆け寄ったりしてはならないのです。そして自宅に帰れば、何ごともなかったように相手との時間を過ごさなければなりません。これは、まず不可能なのではないでしょうか。そうした状態が続くと、徐々に言葉や態度が険悪になって、いつしか耐えきれなくなって全てをぶちまけてしまうかもしれません。

そして心理的に追い詰められてしまう最悪の事態は、配偶者が本当に浮気をしていて、あなたが現場に居合わせてしまうことです。特に、ラブホテルから出てきたところを押えたとしたら、証拠とするには決定的ですが、情事のあとの生々しい男女と対面することは、あなたにとって精神的に大変なショックを受ける事態です。突然大声を出したり、浮気相手に殴りかかったりすれば、傷害罪に問われることにもなりかねません。

浮気現場はそれほどショッキングなものですから、直接確かめないことを推奨します。

実際は浮気していなかったら

ここまで書いてきたこととは反対に、あなたが浮気を疑っているだけで、実は「シロ」だったらどうなるでしょうか。この場合は、どんな調査を、どれほど長時間しても、結果は何も出てこないのですから、全ては徒労に終わるだけです。客観的に見れば、ただあなたが孤軍奮闘しているだけ。にもかかわらず、あなたが尾行し張り込みし、メールやパソコンを調べていることがバレたら、相手は非常に落胆し失望するでしょうし、感情は怒りに変わります。自力で行う浮気調査は、よほど慎重にしないと成果が得られないばかりか、夫婦関係にも深刻な影を落としてしまうのです。

何が浮気の証拠となるか

自力で行う浮気調査でも、有効な証拠をつかめば、それは離婚するにせよやり直すにせよ、大きな力となります。次にあげるものは有効な証拠となります。

写真や動画

写真は昔から、浮気証拠として決定的な証拠となります。しかし、単に男女が2人でカフェや喫茶店にいる、車に乗っている、歩いているというだけでは証拠となりません。そこで写真が浮気の証拠となり得るには、配偶者以外の異性と不貞関係にあると容易に推測できる写真や動画が必要です。次にあげるどれかが1つ当てはまれば、浮気の証拠であると言って間違いありません。

3回以上ラブホテルへ行ったことが分かる写真

3回以上ですから、少なくとも尾行や待ち伏せによる撮影が必要です。また1回だけでは不十分な理由は、1回限りのワンナイトラブや、行きずりの恋、風俗利用等のホテル入室は浮気として認められにくいからです。複数回あることで、継続的な不貞行為があったという証拠となります。

1時間程度ラブホテルに滞在していたことを証明する写真

これ上記とも関連しますが、性的関係になるためには、最低限1時間は必要と考えられています。

相手宅へ最低5回以上出入りしている証拠写真

相手の自宅へ通うということも、不貞行為を裏付けるものです。ホテルでなく居宅なので、性的行為を含む親密な関係ではないと言い逃れできそうですが、何度も行ったことは関係の親密さを証明することになりますから、やはり証拠となります。

ベッドインしている写真

ベッドインしている写真こそ決定的証拠とはなりますが、これを自力で行うにはかなりの覚悟が必要です。これこそ最も「生々しい」現場だからです。さらに、場所は自宅や夫の単身赴任先など、限られるでしょう。その他の場合は住居不法侵入となってしまうからです。数年前、ある女性タレントが離婚して話題になりましたが、彼女の場合、仕事の予定が早まって朝帰宅した夫が、『ベッドに知らない男が寝ている』のを見たのがきっかけでした。

その他の写真

その他の証拠写真としては、スマホやパソコンに保存された写真があります。顔が写っていなければ証拠とするのは難しそうですが、撮影日時や場所も一緒に記録されている点は有利です。

あまり証拠にならないもの

電子メール

これは裁判官や弁護士によって判断が分かれるところです。それは、携帯やスマホの電子メールアドレスは容易に変更できてしまうからです。仮に浮気をしたという内容のメールがあっても、アドレスを変更してしまえば、「それは私ではありません」と否定することは簡単です。同様に、第三者が「おふざけ」として作成することもできます。ただし、配偶者が不貞の事実を認めた場合にはメールやLINEも証拠となりますので、発見した場合は、あらかじめ印刷しておくといいでしょう。

録音テープ

これは、自宅の室内における夫婦の会話を録音したものです。その会話内において、配偶者が不貞の事実を認める発言をした場合においては証拠となります。しかし、たとえ夫婦であっても電話の会話を盗聴録音したテープは、盗聴することが反社会的手段とみなされ、人権侵害として証拠能力がありません。つまり、配偶者を問い詰める過程で録音したものは有効だが、会話を盗み聞き(盗聴)したものは無効ということです。なお録音テープは、調停や裁判においては再生されませんので、証拠として提出するためには、あらかじめ録音された音声を文章にして印刷し、提出する必要があります。

その他

他には、次のようなものがありますが、これらはいずれも、証拠能力としては低いと言えます。( )にその理由を明記します。

・配偶者の友人や同僚など第3者の証言(当事者ではない)
・交際相手からの手紙、プレゼント等(単なるお礼と言い逃れできる)
・ホテルの領収書(シングルが空いてなくて一人で泊まった)
・クレジットカードの明細(仕事でのお礼に買った)
・ETC記録等、高速道路の通行記録(一人でふらっと行った)

自力調査で気をつけること

自力調査で気をつけるべきことは、端的に言えば、素人がおかしてしまいがちな失敗です。

調査中に気づかれてしまう

ターゲットを尾行していて気づかれた、張り込みしているのを見られた等、素人ならではの過ちを犯してしまう可能性は高いです。何より、あなたは顔も歩き方も背格好もよく知られているのですから、よほど存在を消さない限り気づかれてしまいます。尾行途中で気づかれたら、 「そこで何をしているの?」 と問い詰められ、今までの努力は水泡に帰してしまいます。

調査したことを問い詰めてしまう

これは気づかれる場合とは反対で、浮気の証拠をつかんだとき我慢できずに相手を問い詰めてしまう場合です。「昼間、一緒にいたのは誰?」 「今日は会社休んでラブホテル行ったわね。わたしは見たわよ」 こう言われて、素直に浮気を認める人がいるでしょうか。ほとんどの場合は、とぼけるか「逆ギレ」されてしまい、そこから先の自力調査はストップしてしまうでしょう。なぜなら、あなたが密かに調査していたことを知らせてしまったからです。また問い詰めなくても、ショッキングな浮気現場を目の当たりにして、態度や言葉がガラリと変わってしまえば、やはり気づかれてしまいます。そうなると相手の行動は慎重になって分かりにくくなってしまいます。

プロの浮気調査

最後に参考として、興信所や探偵事務所が行う浮気調査について解説します。自力で浮気調査をするにあたっては、プロの探偵が実際にどのような方法で調査するかを知っておいたほうがいいからです。単に真実を知りたい場合でも、裁判資料とするためであっても、プロが行う調査は浮気調査の基本です。

尾行

尾行は状況によって探偵1人であったり2人ペアであったりと様々ですが、基本は2人です。ターゲットすなわち浮気している夫(妻)あるいは浮気相手を追い、徒歩・車・電車・バスを乗り継いで続けます。途中、ターゲットが立ち止まったり周囲を見渡したりしたときは、探偵は目を合わせずに通行人のふりをして通り過ぎます。その場合は、距離を離しているもう1人が活躍します。ラブホテルをよく利用する対象者の場合は、探偵が男女ペアになって近づくこともあります。

張り込み

ターゲットが浮気行動を開始する曜日や時刻、勤務先や自宅の近くに車を停めて張り込みをします。張り込むのは、必然的にターゲットが浮気行動をする近くで、証拠写真を撮影しやすい場所となります。ラブホテルの近く、浮気相手の自宅周辺など。ほとんどの場合はエンジンを止めて、スモークガラスの後部座席で待機します。駐車場の中の1台で景色に溶け込むようにしていますから、まず気づかれることはありません。

写真撮影

写真撮影には2通りあり、一つは高性能カメラを使った望遠または暗視撮影、もう一つは小型カメラを使った接近撮影です。

まずは高性能カメラによる撮影ですが、これにはデジタル一眼レフカメラを使います。最近の高性能カメラは、暗闇での感度を示す数値(ISO)が102400という驚異的なモデルも出ています。これは暗闇でも相手の表情まで撮影できるほどで、コンパクトデジカメではとても太刀打ちできません。望遠レンズは、焦点距離400ミリや500ミリという、長さ30センチ前後もある大きいものを使います。これによって、離れたところにいるターゲットをピンポイント撮影します。高感度と望遠を組み合わせれば、とても予期しない距離から、明るい証拠写真が撮影できます。

次に小型カメラでは、ピンホールカメラを仕込んだバッグ等で撮影を行います。鉛筆の先端ほどのカメラですが、画質はあなどれません。明るいところでは鮮明に撮影できます。その形は様々で、腕時計型、ボールペン型、ヘッドフォン型、ワイヤレスイヤフォン型などが代表的な形です。もちろん動画撮影や音声録音もできます。通行人のふりをしてターゲットとすれ違いざまに撮影したり、カメラを定位置に置いてターゲットが接近したときに撮影したりします。

GPS

GPSとは人工衛星を使って自分の現在位置を地図に示すシステムで、カーナビでしっかり日常生活に浸透しています。GPSによる浮気調査とは、位置を示す小型端末(USBメモリぐらいの大きさ)をターゲットの鞄や車に忍ばせ、今どこにいるか、数時間前どこにいたかを知る方法です。そしてGPSには位置を記録する「ロガータイプ」と、位置情報をリアルタイムで表示する「リアルタイムタイプ」の2種類があります。前者は、例えば朝に端末を回収して前日の行動経路を知ることができます。後者は、ターゲットの現在位置をパソコン等に刻々と示します。スマートフォンにもこの機能があります。

GPSを使った捜査の問題点

ただしGPS捜査には問題点があります。かつて窃盗事件に関し、承諾なく自動車等にGPSを取り付けた捜査方法は、最高裁平成29年3月15日判決で違法判決との判断がされました。その後令状があれば違法性はないとの判断もされましたが、最終的に警察庁は令状があってもGPS捜査は控えるよう通達を出しています。スマホに勝手にGPSアプリをインストールした場合も同様で、違法となることも考えられます。そうなると、浮気を突き止めることはできたが、自分も訴えられたということになりかねません。

依頼中の注意点

探偵に浮気調査を依頼しているときには、注意点があります。それは、あなたが不自然な言動をしてターゲットに気づかれないことです。例えば、普段は夫の帰宅時刻にうるさかったのに、突然「今日はゆっくり帰ってきたら?」などと言うことです。反対に、夫の出張には無関心だったのに、突然出張の宿泊先や予定を細かく聞くこともNGです。当然、夫は「何かあるな」と勘ぐってしまいます。また、あなたも張り込みしてみようなどとは決して考えてはなりません。知られたら最後、全てが水の泡となってしまいます。

おわりに

ここまで述べたように、自力での浮気調査は可能です。ただし、くれぐれも相手に気づかれてはいけません。浮気というのは、誰にも分からないように、知られないように、極秘裏に行われるものです。それを調査していることが知られてしまえば、相手は警戒して全ての行動が一層分かりにくくなってしまいます。また調査を進めていけば、時にはショッキングな現場に遭遇するかもしれません。しかし自力調査する場合、そうした場面は覚悟しておかなければなりません。そして注意すべきことは、浮気を疑っていることを決して気づかれてはならないことです。それが相手に分かってしまえば、相手は慎重に行動します。浮気は水面下に潜伏してしまうのです。

そして浮気調査には、とても大切なことがあります。それは、浮気調査をしたあと、夫婦関係をあなたがどう構築したいかです。例えば、夫や妻が他の異性と肉体関係にあったことが分かったとして、それを理由に離婚に持ち込むなら、それを調停や裁判の証拠として提出すればいいだけです。しかし一方で、夫や妻に好きな気持ちが残っているからやり直したいという場合は、その証拠や、夫や妻があなたに隠れてしていたことからあなたが学ぶ点があるかもしれません。日常の会話が足りなかった、夫や妻に対する思いやりに欠けていたなど、夫婦関係を再構築するヒントが、浮気の事実に隠されていることもあるのです。浮気=離婚とは必ずしも言えません。浮気を乗り越えて夫婦の絆を深めた夫婦もたくさんいます。

浮気調査をどうするかは、調査したあとにあなたがどのような夫婦像を描いているか、あなたがどのような未来を思い描いているかによるのです。