- BLOGブログ

コロナ不倫とは?その特徴やリスクについて解説!

2020年の初めから急速に流行り始めた新型コロナウイルス。政府からも不要不急の外出を控えるよう言われていますが、実はコロナウイルスの自粛期間中に不倫をしている人も存在します。

今回のブログでは、コロナ不倫について、その内容から対策方法を含めて解説します。パートナーが不倫しているんじゃないか?と疑っている方はぜひ参考にしてみてください。

2種類のコロナ不倫

そもそも、コロナ不倫と一言で言っても、「コロナのせいで会わなくなった不倫カップル」と「コロナに関係なく会う不倫カップル」の2種類があります。どちらがあなたのパートナーに当てはまるのかよく理解してから対策を練りましょう。

それではこの2種類の不倫カップルについて解説していきます。

コロナで会わなくなった不倫カップル

コロナで会わなくなったカップルは「元々は外で会って不倫を行なっていたが、自粛によって会えなくなったカップル」を指します。このカップルの場合、お互いに会いたいという気持ちが強く、頻繁に連絡を取っていることが特徴です。

普段はパートナーの携帯を見ない方でも、あまりに通知が多い場合は少し怪しみましょう。もしかすると不倫相手からの連絡かもしれません。

また、コロナによって不倫相手に会ってない場合、いつもは求めない性行為をあなたに求めてくることもあります。久々で嬉しいと思いがちですが、浮気の線も頭に入れておきましょう。

コロナでも会っている不倫カップル

コロナでも会っているカップルも中には存在します。コロナで自粛だからと言って、全ての会社がリモートワークをしている訳ではありません。今まで通り会社があれば、今まで通り不倫をしてしまいます。中には、3密を避けるために今まで以上に2人っきりで会っているというカップルもいます。

このようなカップルは普段の生活と何も変わらない生活を送っていることが特徴です。普通であればコロナによって勤務時間が短縮されたり、自宅でリモート勤務になります。しかし、コロナでも会っているカップルは短縮された時間で不倫をしています。

密会で使われる場所

実際、外に出ると多くのお店が営業しておらず、一体どこで不倫をしているのかと思う方も多いのではないでしょうか。実はコロナ期間でも、浮気できる空間は存在します。

さっそく、コロナ中の不倫カップルが出会っている場所を3つ紹介します。

ホテル

不倫の定番場所であるラブホテルの多くはコロナウイルスの影響で営業を中止しています。そこで、最近不倫場所となっているのがビジネスホテルです。

コロナが流行する前までは、インバウンドの増加や、東京オリンピックでホテル業界は予約が埋まっていました。しかし、実際に蓋を開けてみると予約のほとんどがキャンセルされてしまいました。そこで、多くのホテルで、壊滅的な被害を食い止めるためにデイユースという、日帰りプランが実施されています。このデイユースは「リモートワークをするためにホテルを使ってください」というプランです。

しかし、このデイユースを使って不倫しているカップルが存在します。「家だと仕事に集中できない」と言えば、簡単に外出できてしまいますよね。

実際、デイユースを利用しているのは不倫カップルばかりだとホテル関係者も発言しています。リモート期間中にパートナーがデイユースのホテルで仕事をしている場合、浮気している可能性もあるので気を付けましょう。

コロナの流行によって、電車で通勤するのを控えるようになった方も多いでしょう。車を持っている場合、「電車で帰らずに車で送っていくよ」と言えば簡単に2人きりで会う口実が作れます。そしてそのままホテルに行くことも。

怪しいと感じたら、車の匂いを嗅いでみるのもおすすめです。

相手の家

コロナの流行にも関わらず、働いているパートナーもいることでしょう。しかし、本当に勤務先へ行っているのか確認したことはありますか?会社はリモートなのに、不倫相手の家に行っているということもあります。

このような場合、帰ってきた服や体に匂いが付いていることもあります。いつもと違う匂いがしたら他に浮気をしてそうな痕跡がないかチェックしてみましょう。

不倫している人のよくある行動

不倫している人は不倫を隠そうとします。そんな時についつい取ってしまいがちな行動を紹介します。パートナーの浮気を疑っている方は必見です。

何かと理由をつけて離れようとする

コロナが流行する前の状況であれば、多少帰りが遅くなっても「今日は残業があった」と言い張ることができます。しかし、コロナによって自宅での勤務が余儀無くされる現在、わざわざ外で仕事をしたり、自分の部屋にこもるようになったりしたらパートナーは浮気しているかもしれません。

これは、浮気相手と連絡をするために1人になりたいという深層心理の現れです。どうしても気になる場合、パートナーのあとをこっそりと追ってみましょう。浮気している証拠が見つかる可能性もあります。

パソコンの画面をすぐに閉じる

浮気相手との連絡は必ずしも携帯やスマホだけではありません。コロナの影響でスマホの方はログアウトして、パソコンからメールやSNSを使ってやり取りしていることもあります。在宅勤務中、トイレに行く時や、部屋に入った際に慌ててパソコンの画面を閉じたら後ろめたいことがあるのかもしれません。

家の中でもスマホを持ち歩く

普段、家の中では携帯をリビングに置きっ放しにしていたのに、コロナが流行しだしてからトイレやお風呂にも持ち込むようになったら浮気している可能性があります。自宅にいても、不倫相手からラインや電話がいつ来るのかわからないため、常に携帯を持ち歩くのです。つい携帯を忘れた隙に不倫相手からの連絡が来るかもしれないので、常に目を光らせておきましょう。

他にも、スマホの画面を下に向けて置いている場合も注意が必要です。着信画面をパートナーに見られないようにしている可能性があります。

コロナ不倫のリスク

コロナ不倫のリスクは何と言ってもコロナに感染する可能性が高まるということです。不倫は不要不急の外出なので、このブログを読んでいる方は不倫のために外出しないようにしましょう。

また、コロナで自宅にいることが多くなると、パートナーと過ごす時間がいつもよりも長くなります。そのため、いつもなら気付かないような、些細なことから不倫がバレる可能性があります。

コロナ不倫の疑惑がある場合はどうする?

ここまで読んで、パートナーはもしかしたら不倫していると感じたかもしれません。コロナでただでさえ不安なのにパートナーが浮気していたら気が動転してしまいますよね。

浮気されていると感じた時の対策について2つ紹介します。

自分で調べてみる

コロナ禍で自分でできる調査は、パートナーがいない間にLINEなどをこっそり覗いてみることくらいしかないかと思います。

しかし、勝手に相手のスマホを盗み見ることはプライバシーの侵害に当たり、不正アクセス禁止法の観点からもリスクを伴います。また、何より精神的負担が大きいです。もしも、不倫の証拠を見つけた場合どうしますか?感情的になって問い詰めてしまわないでしょうか?証拠が不十分だった場合、問い詰めたとしてもごまかされたり、逆ギレされてしまうことが大半です。

仮に証拠を集めて、落ち着いて今後どうするのか考えてからパートナーと話し合えればいいですが、正常な判断でご自身でどうしたいか決めることは困難かと思います。

かと言って、パートナーに何も言わずに、不倫している、もしくは不倫しているかもと疑いながら一緒に生活することは、外出とう制限が多い時代に相当負担が大きいかと思います。

シークレットジャパン茨城に相談する

一人で抱えて悩んでいるのであれば、まずはお気軽にご相談ください。

シークレットジャパン茨城では、不倫や浮気調査のプロではありますが、一番お問い合わせが多いのはお悩み相談です。また、代表の大高もカウンセラーとしても活動しており、他の探偵事務所さんにはないカウンセリングというメニューを設けております。調査を探偵に依頼するということに、「そこまでやるのか?」という調査の必要性や、倫理観に疑問や疑念を持たれる方が多いと思います。ですので、必ずしも調査をしなくても構いません。まずは、あなたが抱えているお悩みをお気軽にご相談いただければと思います。

まとめ

コロナが流行し、自粛生活を強いられる中で、我々のストレスも大きなものとなっています。

そんな中で、不満やストレスのうっ憤が不倫や浮気などを助長することは、残念ながら自然な流れといえるでしょう。アフターコロナの中でも一気に増える可能性も大いにあると考えます。その中で、調査をすべきなのか、パートナーが不倫をしているかも?と一人で抱え込んでいる方は、一度そのお悩みを誰かに吐き出すことをお勧めします。