- BLOGブログ

【既婚者CK】探偵Sの調査日記②「ママと呼ぶ男」

実際の案件を依頼者さまにご許可を頂き、ブログとして発信します。

依頼人B(以下Bさん) :都内勤務29歳 女性 製薬会社勤務

既婚者疑惑男性     :都内勤務38歳 男性 コンサルティング業

Bさんは男性と1年の交際期間があり、結婚を意識していました。デートはもっぱら外食でした。何度か、男性が「ママ」と寝言で呟いたことがあり、マザコンか?という疑念もありましたが、かまをかけて、「奥さんいるんじゃないの?」と聞いたところ、激昂されてしまいました。不安に思ったBさん、「既婚者チェッカー」判定後にご相談を頂き、簡易調査を実施することに。まずはデート帰りを追跡尾行。男性は当初聞いていた駅とは違う駅で降車し、人通りの少ない住宅街に消えていきました。Bさんと相談後に自宅を突き止めること。

日を改めて、張り込みをしていると、男性が明らかに子供もいるであろうマイホームに帰宅していることが判明。

Bさんに報告したところ、驚きというよりは、どこか安堵の表情でした。

そして後日。Bさんから報告を頂きました。やはり、男性は既婚者、二人の子持ちでした。「妻とは別れて、Bさんと一緒になりたい!」と言ってきたそうですが、一度、崩れた信頼関係は簡単には取り戻せず。お別れすることとなったそうです。「正直であること」の、重要性を認識した案件でした。

寝言で聞きなれない呼び名や、もちろん「ママ」は、かなり危険なサインと言えそうですね。

 

お問い合わせはこちら